こんにちわ、ゲストさん

ログイン
ユーザー登録のご案内

執筆者の紹介

もっと見る

2018年10月11日(木)

横浜

2018年版・中国内製造業拠点向け環境規制の最新動向と環境実務の注意点

本セミナーは、2017年12月の開催の際に大変好評をいただいた中国環境規制セミナーの2018年最新アップデート版となります。
今回、第二章の『環境管理実務の注意点』では、講師が直近に実施した在中国日系企業の現場監査を通して培ったノウハウや実務に役立つ情報をご提供します。
また環境政策の経緯と今後の見通し、排水規制、省エネ規制、政府方針でもある産廃・排水取締り等も新たにセミナーで取り上げます。

以前にも増して中国の環境規制は経営状の大きなリスクになっており、その対応は中国進出企業にとって急務といえます。
本セミナーでは、中国環境規制対応のスペシャリスト、日中環境協力支援センター代表の大野木氏を講師にお迎えし、最新の中国環境規制の動向とその対応について詳説いただきます。

セミナー申込みフォーム

氏名
会社名
部署
会社住所
電話
メールアドレス
参加方法
備考

開催日時
2018年10月11日 (木)
13:30~16:30 ※13:20開場
会場
横浜情報文化センター7階 小会議室 横浜市中区日本大通11番地
アクセスはこちら
(JR・関内駅から徒歩10分、みなとみらい線・日本大通り駅から徒歩0分)
受講料
一般のお客様 12,000円(税込)/1名
チェイス・チャイナ年間購読者様、MCH会員様、その他優待者様 10,000円(税込)/1名
資料のみ 10,000円(税込)
講師

日中環境協力支援センター有限会社 取締役 北京大野木環境コンサルティング有限公司 社長 大野木昇司

72年生。95年、京都大学工学部衛生工学科卒業。98年、京都大学大学院エネルギー科学研究科修士課程修了、同年中国留学開始。02年、北京大学環境学院修士課程修了。天津日中大学院専任講師、国土環境㈱北京事務所技術渉外主任、社団法人海外環境協力センター客員研究員を歴任した後、05年に日中環境協力支援センター有限会社を設立し、取締役社長に就任。立命館大学、桜美林大学、北奈良先端技術大学院大学客員研究員。その他、北京和僑会顧問。
東京商工会議所 中小企業国際展開アドバイザー 福岡アジアビジネスセンター 対中環境ビジネスアドバイザー
プログラム
第一章 中国製造拠点向け環境規制の全体像
1-1.概観
・新たなチャイナリスク
・中国環境政策の経緯と今後の推移
・中国環境法令の枠組み
・中国の標準制度
・環境罰則と日系企業処罰事例
・中国内企業環境管理の全体像

1-2.制度別環境規制の全体像
・環境アセス及び環境検収・三同時制度
・環境保護税
・新排出許可証制度
・環境モニタリング
・環境情報公開と強制環境保険
・その他

1-3.分野別環境規制の全体像
・大気汚染対策及びVOC対策
・産廃/危険廃棄物対策
・排水・節水規制
・土壌汚染対策
・省エネ及びCO2規制
・サプライチェーン管理

第二章 環境管理実務の注意点
・企業環境管理注意点 概観
・環境規制情報の収集がなぜ困難なのか
・大半の日系企業に存在する環境順法違反
・本社側の対応と現場の対応
・改善に向けた対応策
・ローカルスタッフへの対応
・その他注意点
主催
株式会社チェイス・チャイナ
お問合せ
株式会社チェイス・チャイナ セミナー事務局
Tel(FAX共通): 045-315-4946 
E-mail:info@chasechina.jp(担当:横幕、杉山)

セミナーのお問い合わせはこちら

お問い合わせアイコン お問い合わせ
ページトップへ