こんにちわ、ゲストさん

ログイン
ユーザー登録のご案内

執筆者の紹介

もっと見る

執筆者のご紹介

小島 庄司

小島 庄司

経営支援家、Dao and Crew 船長、小島(天津)企業管理咨詢有限公司総経理、中小企業診断士、名古屋商工会議所登録ビジネスドクター・海外展開アドバイザー、刈谷ものづくり大学専門家

1973年愛知県生まれ。神戸大学法学部卒業。
コクヨ、UFJ総研(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を経て2004年に中国へ渡り、日系企業の『野戦病院』として労務・組織・人事・法務問題を解決する。
前身である日中合弁会社の事業終了を機に、自身が事業継承し小島 (天津) 企業管理咨詢有限公司(Dao and Crew)を設立。海外現地法人の経営課題で常に上位を占める「人と組織の課題解決」を中心に、これまで250社を超える経営者を支援。労務や人事の経験のない経営者が、多言語・多文化の混在する組織をまとめ活性化させるための伴走を行っている。
2017年に日本法人を設立。2018年現在、天津、上海、神戸、東京の四拠点。

小島の「半私信」ニュースレターを無料配信しています。ご登録はこちら
WeChat ID:Dao and Crew

<講演実績>
●ジェトロ北京進出企業支援セミナー(北京・天津二会場)「厳しい経営環境下でも継続的に利益をあげる組織づくりと人材活用」
●東京商工会議所 貿易部会主催セミナー「中国ビジネス 成功の秘訣とトラブル回避策~実例から学ぶ、日本企業が陥る落とし穴と解決法~」
●愛知大学国際ビジネスセンター主催ビジネスセミナー「奮闘する日本企業 失敗事例から学ぶ中国ビジネス」他
●三菱東京UFJ銀行講演会「外国人の社保加入および目下の労務課題」
●刈谷商工会議所刈谷モノづくり大学講習会「実例に学ぶ中小企業の国際化 日本企業が陥る、失敗・罠等、シビアな実例解説」
●自社開催「辛口中国セミナー 時代変化に淘汰されない現地経営の基礎徹底」「組織の新陳代謝 活性化さもなくば健全な撤退へ」他
その他、天津トヨタグループの経営者懇談会、天津市西青経済技術開発区の日本セミナーなど多数。

<著作・連載>
●『中国駐在ハック』(日経BP)
●『JIN』天津市の邦人向け生活情報誌。ビジネスコラムを長期連載中(2004年〜)
●『TSR情報 中部版』東京商工リサーチ発行の週刊情報誌。ビジネスコラム「百戦負けなしの中国ビジネス」(連載中)
●『BizChina Whenever』中国主要都市の邦人向けビジネス誌。ビジネスコラム「現地法人で 稼ぐも潰すも組織次第」(連載中)
●小西豊、森口賢一(編著)『海外進出ノウハウ 実例に学ぶ中小企業の国際化』つげ書房新社(分担執筆、P.52〜55)
ほか多数

ホームページhttp://www.daocrew.com

ビジネスレポート

執筆者からのお知らせ

お知らせ

■小島の「半私信」ニュースレター(無料)■

ご登録はこちら

■毎週水曜・無料ウェブセミナー開催中■
ほぼ毎週水曜13:30~14:20(中国時間12:30~13:20)に、Zoomを使ったミニライブセミナーを開催しています。「中国の組織づくり」と「アジア時代のリーダーとチーム」を柱に、短時間・ワンテーマで小島がお話しします。中国・多文化の組織管理に関わる方、10年後の経営・組織に課題意識のある方のご参加をお待ちしています。過去動画はYouTubeでご覧いただけます。ライブ配信限定でQ&Aや自由交流の時間もありますので、ぜひご参加ください。
セミナー申込:https://www.daocrew.com/category/event/
YouTube公式チャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCJrXMTtba1aT_9wLRpNLc4g

■新刊『中国駐在ハック』(日経BP)■

知られざる中国駐在員の苦悩
うまく乗り切る考え方・技を伝授

中国には、たくさんの日本人ビジネスパーソンが駐在しています。日本人の海外駐在国としては、メジャーな国の1つです。あなたが現在勤めている会社が中国に工場などを展開していれば、あなたもある日突然『中国駐在を命ずる』という辞令を受けるかもしれません。

本書は、そうした「中国駐在員になるかもしれない」人のために書かれています。

中国駐在員は、日本で働いていたときとはまったく異なる問題に直面します。「どんなことが起こるのか」「なぜそんなことが起こるのか」が分からなければ、現地で対処しようがありません。本書の著者は、中国駐在員の「駆け込み寺」として、現地で起きた数多くの問題や課題を駐在員と一緒に解決してきました。その経験から得た教訓やノウハウをまとめたのが本書です。

日本と中国は同じアジアの国ですが、歴史・気候・風土などが違うため、そこに暮らす人の気質は大きく異なります。「違う」ことは悪いことではなく、「どのように違うのか」を押さえておけば、中国人社員を理解することができます。そうした理解をせずに、日本の感覚でいると、中国人社員と“戦争”状態に陥ってしまいます。そうなってしまうと、会社にとっても、本人にとっても、不幸なことです。

特に最近は中国の経済発展が目覚ましく、従来にはなかった新たな難しさが次々と生まれています。駐在期間は3年程度が多いと言われていますが、その期間が有意義な時間になるか、とてもつらい時間になるかは、日本にいるときの事前学習にかかっていると言えるでしょう。本書があれば、3年をうまく乗り切る考え方や技を得ることができます。

<目次>
プロローグ 駐在員のつらさを疑似体験
第1章 5年前とは一変!中国駐在員のリアル
第2章 日本人と中国人はこんなに違う
第3章 仕事人として互いを理解し合う
第4章 勝負の1年目、まずは「バカにされない」
第5章 信頼関係づくりの第2段階「親近感」
第6章 信頼関係づくりの第3段階「コミュニケーション」
第7章 慣れてきた駐在員の落とし穴
第8章 日本流は捨てよう。中国ビジネスの常識
第9章 中国の組織管理の基礎「就業規則」「人事制度」
第10章 中国人社員の叱り方・褒め方の要点
第11章 中国人との会議をうまく進める技
Appendix 駐在員のサポート
エピローグ 中国駐在員のうれしい話

<DATA>
○ISBN:978-4-296-10542-7
○四六判/1,980円(税込)
○日経BPブックナビ、Amazonほか全国の書店にて発売中

Amazonからの購入はこちら

日経BPブックナビからの購入はこちら
#電子書籍もございます。

最終更新日:2020年6月3日

ページトップへ